みんなでつくる?山形発ボランティア&NPO情報ページ
トップページイベントカレンダー山形の助成金情報市民活動団体検索お知らせおすすめリンク

 

 

NPO会計について

 
 

仕訳の事例


※下記仕訳は複式簿記により振替伝票に記帳する場合です。


1.正会員希望者から、入会金3,000円と年会費5,000円を現金で受け取った。

現金か預金に振込みかで違います。
※勘定科目が会費・入会金となっている団体もありますが、入会金は、入会するときだけなので分けたほうがいいと思います。


金 額借方科目摘   要貸方科目金 額
8,000現  金○○さんより○年度分会 費3,000
   入会金5,000
8,000合   計8,000


2.コピー用紙400円と事務用文房具300円を購入し、合計700円を現金で支払った。

※ 机・椅子などの備品、封筒・コピー用紙・ファイルなどの事務用品、備品類と、事務用品の科目を分けて「備品消耗品費」「事務消耗品費」にすることもあります。


金 額借方科目摘   要貸方科目金 額
700事務消耗品費コピー用紙・文房具現 金700
     
700合   計700


3.会員が7月8日に立て替えて購入した茶菓代500円のレシートを7月30日に受け取り、その場で現金で支払った。

※ 実際に出金した日で伝票起票 レシートには出金日を記入しておく

○年7月30日
金 額借方科目摘   要貸方科目金 額
500雑 費事務所茶菓代現 金500
     
500合   計500


4.臨時のイベントを開催し、入場料500円×30名分の収入を得た。

※ 臨時であれば“定款の特定非営利活動に係る事業”でその他の事業

金 額借方科目摘   要貸方科目金 額
15,000現  金資料代@500×30名その他事業15,000
  ○○講座  
15,000合   計15,000


5.毎月1回開催するバザーで、8月2日に65,000円の売り上げがあった。

※ 不定期に年1回であれば雑収入でかまわないと思うが、月1回定期的にとなると収益事業になるので○○事業〔定款の特定非営利活動に係る事業名でやるのか又はその他の事業(前条の目的を達成するために必要な事業)になります〕


金 額借方科目摘   要貸方科目金 額
65,000現  金バザー収入○○事業65,000
     
65,000合   計65,000


6.臨時のアルバイトを1週間雇い、25時間で20,000円の賃金を支払った。

金 額借方科目摘   要貸方科目金 額
20,000雑  給○○○○現 金20,000
  アルバイト料  
20,000合   計20,000


7.事務用のパソコン250,000円を1台、現金で購入した。

※ 1年目から減価償却が必要になります。

金 額借方科目摘   要貸方科目金 額
250,000什器備品パソコン1台現 金250,000
     
250,000合   計250,000


☆減価償却とは?

減価償却とは、固定資産(減価償却資産)について、当期に価値が減少した部分を支出(費用)として計上し、貸借対照表の固定資産の取得価格を減少させることです。
通常、決算処理で行なわれるものです。
・償却には定額法と定率法がありますが、定額法を利用する場合には税務署に事前申告が必要ですので、申告しない場合には定率法で処理します。但し建物に関しては届出関係なく定額法で計算します。


計算例

取得金額: 250,000円、耐用年数:4年 定率法償却率:0.625
償却保証率0.05274(250,000×0.05274=13,185)
1年目 250,000×0.625=156,250
2年目  93,750×0.625=58,593
3年目  35,157×0.625=21,973
4年目  13,184